金森隆志スタイルを貫いて君もカナモになろう

金森隆志という男

金森隆志はバス釣り業界では異端児的な存在である。見た目が若いイカツイ系の風貌なのだが、実際には優しい印象がある。彼を最初見た時は陸道という彼が一人で釣りをしていく動画なのだが小場所などをテキサスリグやラバージグなどで釣り上げていくその姿に魅了された。また釣った際のレクチャー的解説が非常に上手い印書があった。

 

金森隆志のスポンサード

金森隆志はメガバスからスポンサードを受けており、バス釣りアングラーなら一度は憧れた事のあるメガバスブランドを背負って釣りをしている。しかし2016年現在はすでにメガバスからのスポンサードを離れて自社ブランドを立ち上げた。メガバスを離れた理由は明らかになってはいないが決してケンカ的な別れではない。

 

金森隆志の新しい会社

彼は相棒として確か福井で釣具屋に勤務していた岡氏と共にレイドジャパンというブランドを立ち上げてロッドはもちろんルアー開発をしている。ちなみに彼らが開発したロッドやルアーは新発売すると瞬く間に売切となり、絶大な人気を誇っているのである。

 

金森隆志のアンチ

見た目の印象は正直いって高齢者達からすれば悪いと思われる。また発言に関してもたまに大きな発言をしたり、はたまた釣りをする前からハイプレッシャーなど弱気発言をしたりとする点が叩かれている印象はある。
しかし、釣り業界を始め沢山のファンやプロ達との人望が高いのは事実。
アンチはほっておいて、釣り業界を盛り上げていってほしいと思う。

 

金森隆志の住まい

主に岡山県を定住して生活をしているが数多くの雑誌取材やDVD撮影はもちろん自社ブランドの開発の為にテストフィッシングをしにいったりと全国いろんな所に行っているのので現在いる場所を特定するのは難しいと思われる。また乗っている車に関しては一時期はトヨタのランドクルーザーであったが現在はキャデラックのエスカレードを愛車として全国津々浦々移動をしている。

 

金森隆志のフィッシングスタイル

主にストロングスタイルと呼ばれるジグやテキサス系を得意としているがスピニングタックルを使用した繊細なアクションやトップルアーなどによる魅惑なアクションも得意でオールラウンド的に技術力は高い。動画の際に見たスキッピングテクニックは素晴らしいものである。

 

このサイトは金森隆志をよく知ってほしいが為のサイトである。是非とも今後彼を注目していただきたいと思う(笑)新製品などにも期待である。

残業続きや連日の飲みなどで生業に疲れている時折。

出勤で疲れている時にやってきた休みは大抵は寝て過ごします。そのくらい出勤がせわしないので、貴重な休みは睡眠をとる事を優先してしまう。夏場は暑くてゆっくり寝てなどいられませんがそれでも自然に目が覚めるまで寝てしまう。それからダラダラと起きてボーっとした後にゆっくりご飯を食べてやはりダラダラと暮らすのが普段の休みの話し方だ。勿論、買い取りや洗濯にクリーニングもしますが洗濯はともかく、クリーニングは日が落ちて涼しくなってからですね。その方が機動がよくなりますし、昼間は大抵寝起きですので本当にダラダラとトドのように過ごしています。でも出勤で思いを張って要る人間はそう言う人間が多いかなと勝手に思っています。勿論、積極的に運動したり遊びに行く人間もいると思いますが、どうしてもやらないといけない事がない限りはダラダラしてしまいます。それでも念頭がハッキリしてきたら踏み出すのですが、そういった時はまず本屋にいくのが常です。お洒落に興味のない私は自分の意欲を最優先するので、そうなるとやはり教科書だ。勿論ベッドに寝転がって読んだりと誰も見ていないのをいい事にとことんだらけますが。なので休みは食事もなっていなしですし、オンチをしたら廃人間のように思えなくもありません。でも日曜日くらい自由自在しないとボディーも魂も休まらないので良しとしています。その内、しっかりしないといけない局面がきたらするようになるので今はこれでいいかなと思って好きにだらけているのが休みの話し方だ。フルアクリフはどこが一番安い?

年齢とともに変化していく養育の大変さ・気苦労・辛さを共有する

人間をゼロ人間前に育てるってとっても困難事務だと実感してます。 住居には14才と12才のお子さんがいる。 ちょうど最近とも抵抗期真っ最している時、小学生数量学年当たりから少しずつ始まったように思います。 上の方はそろそろ抜けてくれないかなぁ?なんて期待しているのですがなかなか…。 まぁ抵抗期は必要なものだと言われてはいますので、ある意味ちゃんと成長してくれているんだなと心地よくも思うのですが。

 

わたしにはまだ小学生に入ったばかりというギャルを持つ味方人間が居ます。 ウィークに一度は会って話をする系なのですが、会えばやはりちびっこのニュースが多いです。 わが方と年は違えど、その年ごとに面倒というものは様々ありますね。 味方人間のギャルも今日口が悪くなってきたとか悩んでいました。 私のお子さんも幼稚園の間あったな?「滅茶滅茶」とか言ってた陽気…、その都度叱っていたような記憶があります。

 

ちびっこが産まれたての間は自分個々も奥様基本者、分から乏しいことだらけで、精神的につらい事もありました。 そしてこの頃は快眠タームをまとめて取れないという、体力的にも満杯崖っぷちの陽気ですよね。

 

それから歩き取りかかり言葉を憶え、そして低い言葉も覚えて話す、父母はその都度ハラハラ。 言葉が直ったと思ったら次は父母の言うことに抵抗・申し立て、それも間違った所感を堂々としてきたりする。 その度にそれは違うと諭し、一度では理解しないから何度も何度も…これで心が折れそうになった事何度もあります。

 

しかしそんなしている時でもふと「確かに一理残るな」と思うような言及をしてきたり「私のちびっこ時世よりはるかに頑張っているな」と思わせる姿を見せてくれたりする事があります。 そんな時は父母として、ちびっこの際立つ拡張を目の当たりにし嬉しく誇らしく思うのです。

 

住居にもこれからまだまだ色々な事が掛かるでしょう。 家族で数え切れないほど突き当たり見合うでしょう。 相当なエモーションが重要かと思われます…がわたしは、真正面から人気いっぱいにお子さんらとぶつかって子育てしていきたいと思っています。
ラピエルで目元バッチリになりました!

何人育てても何年経ってもむずかしい育児について

乳幼児がはじめ才になると女子もはじめ才、乳幼児が十才になると女子も十才とゆう風になりますが、そんなことは乏しいなぁと思います。
乳幼児は1ヶ月日を重ねて大きくなり、ボディも考え方や言葉色々な実情で大きくなります。
でも女子はそのたびにまた考え、悩んだり喜んだりと乳幼児が著しくなるたびにまた一から学ぶのかなぁと思います。
乳幼児がはじめ才になり、ヨチヨチ駆け回りだし形相も目立ち喜び、二才ぐらいになるとイヤイヤ期に入り、悩んだり怒ったりします。
小学校になる頃には少しツボが離れ、少しうら淋しい気分になり、の場合学に入る頃には応戦期で、また悩んだり、怒ったり哀しい気分になります。
そうゆう繰り返しがあり、乳幼児のことを初めて分かる部分があると思います。
喜んだり、怒ったり辛い気持ちになったり、侘しい気持ちを繰り返しながら、女子はやっとはじめ才に生まれ変われるんじゃないかなぁと思います。
何年経っても、育児は辛くてたまに安らぎがあり、だから辛くてもいっぱいの女子が頑張っているんだろうなぁと思います。
そして、何年経っても可情愛くて、次はどんな気持ちにさせてもらえるのだろうと搏動させてくれて、掴みどころの無い乳幼児だから辛くても、悩んでも、はじめ人になったケース泣きたい気持ちになっても乗り切れると思います。
Viageビューティアップナイトブラでおっぱいが大きくなった!